さすがになにかを成さねばと

脳細胞が死にそうだ。いろいろなことを諦めすぎた。いろいろなことを手放しすぎた。書くことも描くこともやめて、一日の半分を仕事に捧げ、もう半分で大きな同居人に甘えたり甘えられたりをする。考えることをやめてから、私の人生とても楽になったけれども…

煌々

思い出の節目節目に音楽があり、味があり、香りがあり、そこから思い起こされる映像がある。それらは私のかけがえのないものだと断言できる。個人的で内省的で覚書でしかない記事なので、読み飛ばして頂いて構わないです。私にとっては、それらがなければ自…

人生

最近、「夫のちんぽが入らない」という本を読みました。そうです、にわかにネット界隈で評判になっているあの本です。装丁に掛けられた熱意と情熱が素晴らしいと伺っていたので、数年ぶりに新書を買いました。ツイッターで得ていた情報と照らし合わせながら…

周回遅れ

ブログでも書こうと思い立ち、はてなブログを開設したのがちょうど1年前の2月頃。それからチマチマと書いてはいたのだけれども、最後に記事を投稿したのは4月という体たらくぶり……。「最近ブログ書いていないなあ」と思い続け、1年が経ってしまったことに驚…